Tel.:(072)469-5960
お電話がつながらない場合などには,こちらのページからのお問い合わせも可能です。
本人確認の点などから,お電話のみによる相談はいたしかねます。お手数ですが,ご予約の上,ご来所ください。
業務時間:
平日10:00〜17:00
予約受付:
平日8:00〜20:00,土日祝10:00〜17:00
お急ぎの場合は当日予約も可能です。業務の都合などにより,留守番電話での対応となる場合があります。
南海本線泉佐野駅からへ徒歩5分。
お車の場合は,国道26号線の市場交差点を泉佐野駅方面へ。
平日昼間30分無料の弁護士相談 泉佐野法律事務所
大きな地図で見る
泉佐野駅から泉佐野法律事務所への行き方
松源・メディカルモールから泉佐野法律事務所への行き方
住所:〒598-0012
大阪府泉佐野市高松東1-10-13

離婚と慰謝料:金額・相手方・根拠・消滅時効

慰謝料を請求する相手方

不貞行為などをした配偶者に対してだけでなく,不貞行為の相手方(不倫相手)に対してもすることができます。

慰謝料の金額

50万円しか認められなかったケースもあれば,500万円ほどが認められた事例もあります。平均的には200万円などともいわれています。
判断要素には,落ち度の強さ,婚姻期間の長さなどのほか,相手の資力の高さなどもあります。

慰謝料の根拠(種類)

不貞行為や暴力のみではなく,一例として,次のような事象が問題となった事例(東京高判平成23年9月29日)があります。
ツイッターへの書込み
否定:フォロワーが約50名いる状態で相手方配偶者に対する不満などを内容とする書込みをしたこと
不正確な収入状況に基づく婚姻費用(生活費)の請求
否定:仕事をしており収入があるのに無収入であると述べるなどして婚姻費用を請求したこと
勤務先等への電子メール送信等
肯定(5万円):相手方配偶者の勤務先の上司にDVで被害届を出したなどの内容を電子メール送信するなどしたこと

慰謝料の消滅時効

原則,離婚成立から3年ですが,離婚の原因に基づく慰謝料については,その原因が発生した時点から3年とされることがあります